格安スマホを契約するならどこがいい?
選ぶ際のポイントを詳しく解説

格安スマホを契約するならどこがいい?選ぶ際のポイントを詳しく解説

格安スマホにしたいが、どこの通信事業会社のものがいいかわからないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。安さだけを追求するのではなく、選ぶ基準を定め、使い心地を考えてから料金を見るようにすると、スマホと通信事業会社の選択での失敗を防げます。本記事では、格安スマホを選ぶポイントを詳しくチェックしていきましょう。

そもそも格安スマホとは

そもそも格安スマホとは

格安スマホとは、利用料金が安く使えるスマホの総称です。利用料金が安く使えるSIMカード「格安SIM」とセットで販売されている端末をさします。中には端末を格安で購入できる仕組みと思われる方もいるかもしれませんが、端末代金とは関係なく、通信事業会社のサービスやオプションを格安で利用できる仕組みの意味で使われる場合が一般的には多いです。

格安スマホが“格安”な理由として、通信設備(インフラ)を自社で持たずに携帯キャリアからレンタルして設置費や維持費を節約している点が挙げられます。このような仕組みで格安スマホや格安SIMを提供する通信事業会社を「MVNO」(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)と呼びます。ほかにもサポート用の店舗をかまえないことで費用を節約し、その分だけ利用料金を下げているMVNOもあります。

UQ mobileは格安スマホや格安SIMを提供していますが、ほかの格安スマホにも負けない価格でありながら、店舗をかまえるなどサポート面にも力を入れています。

格安スマホはどこがいい?選ぶ際のポイントを解説

格安スマホはどこがいい?選ぶ際のポイントを解説

格安スマホを提供している会社は多くあるため、どこがいいのか迷われる方も多いでしょう。数ある格安スマホ(および提供している通信事業会社)の中から自分に合ったものを選ぶためのポイント7つを以下にまとめてみました。

通信速度

通信事業会社のホームページには、通信速度の目安が書かれている場合があります。早さにこだわりたい方は数値をチェックしてみると良いでしょう。ただしホームページなどに記載されているのはあくまで理論値です。使用する環境などによって通信速度が変化する点も認識しておきましょう。

データ容量

スマホでのデータ通信をどの程度おこなうかは人によって異なります。そのため月間のデータ容量の違いで複数のプランが用意され、自身の使い方に最も合うプランを契約するのがおすすめです。UQ mobileも下記の3つのプランから選べるようになっています。ご自身の使い方に合わせて最適なプランをご契約ください。

くりこしプランS +5G*1*2:データ容量 3GB/月 (1,628円[税込]/月〜*3
くりこしプランM +5G*1*2:データ容量 15GB/月 (2,728円[税込]/月〜*3
くりこしプランL +5G*1*2:データ容量 25GB/月 (3,828円[税込]/月〜*3

  • *1:参考「くりこしプラン +5G(S/M/L)(iPhone/スマートフォン/SIM向け)」(UQ mobile)
  • https://www.uqwimax.jp/mobile/plan/kurikoshi-5g/
  • *2:5Gは一部エリアでの提供です。詳しくは下記をご確認ください。
  • 参考「対応サービスエリア(UQ mobile)」(UQ mobile)
  • https://www.uqwimax.jp/mobile/area/
  • *3:別途で通話料(税込22円/30秒)などがかかります。ユニバーサルサービス料および電話リレーサービス料なども別途かかります。

取り扱い機種

取り扱っている機種は、通信事業会社ごとで異なります。UQ mobileのように、新しい機種だけでなく、旧モデル(「au Certified」*4としてauが認定した高品質な中古端末をお得に販売している)まで幅広く提供している場合もあります。ハイスペックな機種が増えてきたため、旧モデルでもお気に入りがある方は中古端末のラインナップもチェックしてみましょう。

オプション内容

オプションも通信事業会社ごとの特色が出るポイントです。端末補償やエンタメなど、UQ mobileでも多くのオプションがあり、ご自身の使い方に合わせて必要なものを選べるようになっています。詳細は専用ページ*5でご確認ください。
また電話番号での音声通話をよく使う方は、通話オプションをチェックするのが重要です。毎月支払うスマホの費用は、利用料金と端末代金に加えて、通話料が利用した分だけ加算される仕組みになっています。ご自身の使い方に合わせて通話料が抑えられるオプションがある格安スマホを選ぶのが良いでしょう。たとえば、UQ mobileでは下記の3つの通話オプションを用意しています。

■UQ mobileの通話オプション*1
・「通話パック(60分/月)」:最大60分/月の国内通話が定額*6*7になるオプション。ときどき長電話をする方におすすめ。550円(税込)/月。
・「かけ放題(10分/回)」:国内通話が1回につき10分間かけ放題*6*8のオプション。短時間の電話が多い方におすすめ。770円(税込)/月。
・「かけ放題(24時間いつでも)」:国内通話がかけ放題*6*9のオプション。電話を多くかけたい方におすすめ。1,870円(税込)/月。

  • *5:参考「スマホ向けオプション・サービス」(UQ mobile)
  • https://www.uqwimax.jp/mobile/plan/option/
  • *1:参考「くりこしプラン +5G(S/M/L)(iPhone/スマートフォン/SIM向け)」(UQ mobile)
  • https://www.uqwimax.jp/mobile/plan/kurikoshi-5g/
  • *6:0570 (ナビダイヤル)への特番通話などは対象外です。
  • *7:国内通話料(税込22円/30秒)の月間累計額から税込最大2,640円/月を減額します。一部対象外の通話があります。
  • *8:1回の通話が10分を超えた場合、10分超過分につき税込22円/30秒の通話料が別途かかります。
  • *9:当社が不正な長時間通話と判断した際、通話を切断する場合があります。

サポート内容

格安スマホの中には、サポート用の店舗がない通信事業会社があると紹介しました。もしものときに直接店舗でサポートを受けられた方が安心と思う方は、店舗がある格安スマホの通信事業会社を選ぶと良いでしょう。
なお、トラブルがあった際は店舗に直接行くより、ホームページを見て情報を集めたりチャットなどで相談したりする機会の方が多いかもしれません。そのためホームページの説明がわかりやすく整っているか、チャットや電話などの相談窓口があるかなどもチェックしておくと安心につながります。

利用料金

続いて利用料金をチェックしましょう。利用料金の安さを最優先にして格安スマホの通信事業会社を決める考え方もありますが、まずはご自身の使い方や要望に合わせて候補を挙げ、最後に利用料金を比較して、よりお得な通信事業会社に決めるのがおすすめです。そのようにすれば使い心地が低下する心配が減らせます。利用料金は通信事業会社のホームページなどで紹介されているので確認・比較してみましょう。

キャンペーン内容

格安スマホを選ぶときには、キャンペーンの有無も確認するのがおすすめです。端末代金がお得になったり、オプションの無料期間がついていたりする可能性があります。キャンペーンの内容・開催時期・条件などは通信事業会社によってさまざまです。各通信事業会社のホームページなどを参考にしながら、よりお得に契約や利用ができる通信事業会社を検討してみましょう。

格安スマホはどこがいい?UQ mobileの特徴を解説

格安スマホはどこがいい?UQ mobileの特徴を解説

選び方だけでなく、実際にどこの格安スマホがいいのかを知りたい方も多いかもしれません。おすすめはUQ mobileです。おすすめポイントを、UQ mobileの特徴と合わせて紹介します。

シンプルでわかりやすい料金プラン

シンプルでわかりやすい料金プランがUQ mobileの特徴です。2021年9月より開始した“くりこしプラン +5G”*1*2のS・M・Lはいずれも、2年目以降も料金は変わらずお得に使い続けられます。契約期間の縛りもありません。

くりこしプランS +5G*1*2:1,628円(税込)/月〜*3 (データ容量 3GB/月)
くりこしプランM +5G*1*2:2,728円(税込)/月〜*3 (データ容量 15GB/月)
くりこしプランL +5G*1*2:3,828円(税込)/月〜*3 (データ容量 25GB/月)

  • *1:参考「くりこしプラン +5G(S/M/L)(iPhone/スマートフォン/SIM向け)」(UQ mobile)
  • https://www.uqwimax.jp/mobile/plan/kurikoshi-5g/
  • *2:5Gは一部エリアでの提供です。詳しくは下記をご確認ください。
  • 参考「対応サービスエリア(UQ mobile)」(UQ mobile)
  • https://www.uqwimax.jp/mobile/area/
  • *3:別途で通話料(税込22円/30秒)などがかかります。ユニバーサルサービス料および電話リレーサービス料なども別途かかります。

節約モード・データくりこし

UQ mobileはデータ容量の使いすぎを防止できる機能が揃っています。たとえば高速通信を控えて低速通信に切り替える「節約モード」*10は、データ容量の節約に便利です。画像やテキスト中心のSNSおよび音楽ストリーミング*12などを利用しても、節約モード中はデータ消費がゼロで済みます。また、余ったデータ容量を翌月にくりこせる*13のも特長です。

  • *10:送受信最大*11 :くりこしプランS +5G 300kbps/くりこしプランM +5G・L +5G 1Mbps)。
  • *11:ベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であってもお客さまのご利用環境、回線の状況などにより大幅に低下する場合があります。また、最大通信速度は対応機種により異なります。
  • *12:くりこしプランM +5G・L +5GでMP3のビットレートが256kbps程度の音楽ストリーミングをご利用の場合。動画など、大量のデータ通信を伴うサービスはご利用いただけない場合があります。
  • *13:データ容量の消費は、くりこし分→月間データ容量(増量データ容量含む)→追加チャージ購入分の順番におこなわれます。くりこし上限は、前月の基本データ残容量分までで、当月末まで利用可能です。「くりこしプラン +5G」内で月途中にプラン変更が適用される場合、適用月の月間データ容量は、プラン変更前後でデータ容量の大きい方のプランのデータ容量となります。

速度制限時でも快適

データ容量を使い切り、通信に速度制限がかかり遅くなるのが心配な方もいるでしょう。UQ mobileは速度制限がかかっても、最大1Mbps(くりこしプランM/L +5G*1*2の場合)でつながります。(くりこしプランS +5G*1*2は最大300Kbps)。

全国に実店舗がある

店舗をかまえない格安スマホの通信事業会社もある中、UQ mobileは全国に店舗をかまえています*14。UQスポット・au Style・auショップ(一部店舗を除く)をはじめ、家電量販店や流通量販店にも取扱店があります。専用ページ*14からお近くの店舗を探してみてください。もちろんネットからの申し込みも可能です。UQ mobileオンラインショップもぜひご利用ください。

格安スマホへ乗り換えるならUQ mobileでお得に利用しませんか

格安スマホへ乗り換えるならUQ mobileでお得に利用しませんか

おすすめの格安スマホとしてUQ mobileを紹介してきましたが、お得な情報はまだまだあります。「くりこしプランS +5G」*1*2の利用料金は1,628円(税込)/月〜*3と紹介しましたが、対象のネットサービス*15や「auでんき」*16とセットでスマホを契約すると、「自宅セット割」*17が適用できて990円(税込)/月~*3になります。自宅セット割の詳しい情報は専用ページ*17で、確認の上でご利用ください。

  • *1:参考「くりこしプラン +5G(S/M/L)(iPhone/スマートフォン/SIM向け)」(UQ mobile)
  • https://www.uqwimax.jp/mobile/plan/kurikoshi-5g/
  • *2:5Gは一部エリアでの提供です。詳しくは下記をご確認ください。
  • 参考「対応サービスエリア(UQ mobile)」(UQ mobile)
  • https://www.uqwimax.jp/mobile/area/
  • *3:別途で通話料(税込22円/30秒)などがかかります。ユニバーサルサービス料および電話リレーサービス料なども別途かかります。
  • *15:別途利用料・オプション料がかかります。「インターネットサービス」解約時に、ご契約内容、期間に応じて契約解除料が発生する場合があります(例:auひかりホーム・ずっとギガ得プランの場合 契約期間3年、契約解除料4,730円(契約時期、料金プランによって契約解除料が異なります)。
  • 参考「自宅セット割(対象となるご自宅のインターネット一覧)」(UQ mobile)
  • https://www.uqwimax.jp/mobile/plan/discount/setwari/alliance/
  • *16:参考「auでんき」(au)
  • https://www.au.com/electricity/
  • *17:参考「自宅セット割」(UQ mobile)
  • https://www.uqwimax.jp/mobile/newplan/
UQ mobileをもっと詳しく

提供されているプランではデータ容量が足りない場合、「増量オプションⅡ(有料)」*18の利用もおすすめです。増量オプションⅡは550円(税込)/月で最大5GBまで月間データ容量を追加できます。増量オプションⅡは「1年間無料キャンペーン」を実施しており(2022年8月8日時点)、13ヵ月間オプションの月額料金が無料です。くわえてUQ mobileオンラインショップから申し込めばau PAY残高還元が受けられるかもしれません(2022年8月8日時点)。au PAY還元の詳しい条件などは専用ページ*19をご確認ください。格安スマホなら、セット割りやキャンペーンでお得にスマホが使えるUQ mobileに乗り換えるのがおすすめです。

  • ※本記事に掲載されている商品またはサービス等の名称は、各社の商標または登録商標です。
  • ・iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標はアイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
    TM and (C) 2022 Apple Inc. All rights reserved.
  • ・「au」はKDDI株式会社の登録商標です。

UQ mobileをもっと知りたい!